2018年12月16日

8期企画ラン in秩父

はじめまして、8期のF(GIANT)です。

去る11月25日、秩父にて8期企画のランが行われました!

飯能を出て山伏峠を攻め、長瀞の紅葉を楽しんだ後ぐるりと回ってまた飯能に帰ってくるコースでした。

急に冷え込みが強くなり、当日早朝にも体調不良でA(TREK)が欠場になるなど若干雲行きがあやしい出だしでしたが、果たして...

それではランの様子について書いていきます。
続きを読む
posted by Nogleis at 12:30| Comment(0) | 走行会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月26日

西伊豆スカイライン 2日目

お初になります、1年のM.K(Cannondale)です。
39212.jpg











1日目の疲れを熱海駅すぐのビジネスホテルで癒した1年K(Cannondale)、2年O(GIOS)、K(Cannondale)、S(MERIDA)、
3年W(MERIDA)、S(derosa)は2日目の山岳ステージへ向かうべく午前8時頃ホテルをあとにしました…(2年Kさんとは膝を故障したためホテルでお別れです(´;ω;`))
ルートは大体こんな感じです。
熱海の悪いところ――いきなり坂!!
早朝いきなり斜度7パーセントはくだらない坂とご対面です。
寒いことを見越して厚着をした僕はいきなり汗だくです💦
ロードバイクあるある身体がべたついてお風呂が待ち遠しい症が早くも発症してしまいましたw

なんやかんやで芦ノ湖です!

このあと箱根裏街道に入ったところで2年K(cannondale)さんが離脱しました1日目の自走からお世話になりました。

Sさんと別れた僕たち4人は乙女道路のトンネルを迂回し、峠を越えて御殿場へと抜けました。

さあ、本日のメダマである明神峠&三国峠!
斜度が余裕で10%を超えてくる区間が続く難所です!!
オリンピックのコースにもなっています。そんなこともあってか途中で道路の舗装を新しくしている区間がありました。
もしかしたら僕たちが初めて通った自転車!?なんて興奮しながら登っていくと途中で3年S(Derosa)がシッティングのままアタック!!じりじり差が開いていきます。他3人は逃げを一時容認の姿勢、その後しばらくし2年O(GIOS)が追走に入りますがここでも僕と3年W(MERIDA)は容認の姿勢を貫きます。途中でペースが落ちてメイン集団(2人)に合流するかと思われましたが結局3年S(Derosa)、O(GIOS)の順で山岳通過です。
39374.jpg
三国峠の頂上でパシャ

この後は安心の道志みち!もう基本下りだけですねwとおもいきや…2年O(GIOS)のリアディレイラーに異変がΣ(・ω・ノ)ノ!なんとシフトワイヤが切れてしまっていました。ここでO(GIOS)も離脱してしまいました(´;ω;`)お疲れさまでした。

事前に知ってはいたのですが道志みちが土砂崩れで通れない箇所があり少し遠回りです。
道中ずっと引いてくれた3年S(Derosa)さんには感謝感謝です。

最後は矢野口駅で解散しました皆さんお疲れ様でした!
posted by Nogleis at 23:25| Comment(0) | 走行会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月09日

【西伊豆スカイライン】ぷち秋合宿?(1日目)

初めまして。8期(1年)のK(MERIDA)です。

今回の記事は11月1日、2日に西伊豆山中湖付近で一泊二日で行われた走行会の1日目についてのものです。

1日目のルートには絶景が期待できる西伊豆スカイラインが含まれています!

雨男と噂されている方々が2名ほど含まれていますが、果たして我々は絶景を拝むことができたのでしょうか?

それでは、1日目の行程を書いていきます。






スタート地点は沼津駅でしたが、なんと1年K(Cannondale)と2年S(Cannondale)は自走チャレンジをしていました。※東京と沼津の間にはかの有名な箱根が待ち構えています。

それ以外のメンバーは始発で沼津に到着し、海鮮丼を食べようという計画を立ててました。


時刻は6時、いきなりハプニングが発生しました。なんと新幹事長がヘルメットを家に忘れたまま地元駅まで走ってしまい、取りに家まで戻るため目標としていた電車に間に合わなくなってしまいました。(これはつまり、ヘルメットをかぶらずに走っtゲフンゲフン)

なんとか30分遅れ程度で済みそうだなと話していた矢先、今度は2年S(MERIDA)がオンデマンド課題を忘れていて出発が遅れるかもしれないというLINEメッセージが届きました…。(7期の先輩方しっかりしてー!)


なんやかんやで僕と3年S(DE ROSA)は予定通りの電車で一番乗りで沼津駅に到着しました。

輪行解除して、ひとまず先に海鮮丼屋まで移動することにしました。

沼津はラブライブの聖地らしく、駅前の商店街にはラブライブ サンシャインのキャラクター達がそこら中にいました。

82EEF89F-F498-4A09-BF78-F784113343D8.jpeg
かわいいですね。僕はスクフェスしかやっていない"にわか"なので、どんなキャラなのか分かりませんが…。


はい、現役サークル員の皆さんはお気づきでしょうが、今回の走行会の企画者はラブライバーの現幹事長O(GIOS)です。
585EECD2-4963-4347-86D5-EC6CAC867376.jpeg
ちなみにO(GIOS)は1,2週間前にも自走で沼津まで来ていたそうです。(ラブライブ愛が伝わりますね笑)



しばらく海鮮丼屋で待っていると、O(GIOS)が到着したので3人で朝食をとりました。

僕は釜揚げシラス丼を食べましたが、さすが漁港が近いだけあってとても美味しかったです。

また、店内にはそこらかしこにラブライブのキャラクターたちの絵が飾られていました。

C9ABCB49-1848-4DC5-8332-C1B9D9C193D1.jpeg
絵がうますぎる…。


その後は集合場所であるコンビニ移動しました。

コンビニにはすでに前日入りしていた元幹事長のW(MERIDA)が待っていてくれていました。

しばらくするとオンデマンド課題を終わらせて輪行で来たS(MERIDA)と、疲労具合を鑑みて熱海から輪行した自走組が合流し、全員無事にそろいました。



さて、まずは海岸線沿いに戸田("とだ"じゃないくて、"へだ"と読むらしい)まで進みます。

21EE7308-EFC9-4ED0-9714-D7CFC1441906.jpeg


途中で富士山がとてもきれいに見える場所があったので写真撮影タイムになりました。

C02AC507-A56A-42A5-9139-936ED28F53D5.jpeg
一応書いておきますが、ここは車道から一段下がった昔使われていた車道的な場所で車は通らない場所です。


再スタートしてしばらく進むと上り坂が増えてきました。



…。




……。




先輩1「…あの、斜度10%近いんですが…。これ、西伊豆スカイライン入ってます?」



先輩2「いや、まだただの海沿いの道っぽいよ。」




僕の心の中「(ガーミンの高度を見ながら、)海沿いの道でなんで高度100m超えとるんじゃああああ!!!!」



……。





てな感じで進んでいたら再び景色良いポイントがあったので撮影タイム。

F27C11F6-6E2C-48A2-8C0F-9B08E38334C3.jpeg

868252D5-C57A-4A63-B3FF-FEC6656BE8C3.jpeg



このあと戸田まで下り、そこからはひたすら斜度10%以上の激坂が西伊豆スカイラインの入り口の高度800mまで続きます。

脚力のある先輩方がぐんぐん登っていく中、僕はマイペース走法で地道に登りました。

ガーミンの高度計とにらめっこしながら無心でペダルを回し続けていると、ふと「なんでこんなことやってるんだろ?」とか思います。

まぁそんなことを考えていてもしょうがないので、「あーきついわー」とか独り言をつぶやきながら頑張って進み続けます。


苦行を1時間ほどつづけて無事に全員戸田峠をクリアしました。

ここまで上がるとさすがに寒いです。

登り坂なのに冬用ジャージとレッグウォーマーを着用して、いよいよメインの西伊豆スカイラインに突入します!



そこからはもうひたすらに絶景の連続でした。

08B48C50-281F-4EA2-ADFC-796129DB7EF9.jpeg
857A9546-FF47-42A4-9A7C-C93EB3670CE2.jpeg
89DFE316-5EF0-45B9-ACA5-3054E4002F4B.jpeg
33E106E0-C4AC-434C-AD5D-74B99A5CD9D9.jpeg

やはり森林限界を超えた先の景色はいいですね。

どことなく渋峠っぽさもあります。


みんな思い思いの場所で愛車も入れて撮影をして楽しんでいました。



十分景色を堪能した後は修禅寺方面へダウンヒルです。

防寒装備が不十分だった人はかなり寒そうに下っていました。

あっという間に下り切り、コンビニで休憩。

ここで、脚が不調だったS(MERIDA)と自走のせいか体力切れになってしまったS(Cannondale)と1日目のみ参加の僕の3人は輪行組ということで修善寺駅に向かい、残りのメンバーは熱海峠を越えて宿泊地である熱海へと走りました。



以上、1日目の記録でした。

富士山と駿河湾のセットを見れて、大満足の走行会でした。

2日目には地獄のルート+トラブルがあったようです…。

果たして全員無事に帰宅できるのでしょうか?


2日目へ続く…。
posted by Nogleis at 22:00| Comment(0) | 走行会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月27日

10月21日(日)赤城山リベンジライド

こんにちは。お世話になっております、2年のS(cannondale)です。

自身初の夜通しライドとなった、赤城山ライドをご紹介してまいります。
続きを読む
posted by Nogleis at 16:37| Comment(0) | 走行会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月30日

弾丸アタック渋峠!

どうも。おととい幹事長になりました2年のO(GIOS)です。

幹事交代があった総会の次の次の日に、ロードレース世界選手権男子エリートを観ながらこの記事を書いています。


1年間我々を引っ張ってくださった6期の皆さん、お疲れ様でした。

この場を借りてお礼を言わせてください。また、これから至らぬ点もあると思いますが、暖かくサポートしてくださると幸いです。




さて、先日9/22,23で7期S(FUJI),8期K(MERIDA)とともに弾丸で渋峠に行ってきたので、その模様を経緯から晒し上げていきたいと思います。

弁明させてもらうと、ブログ書くまで期間が空いているのはサボっていたわけじゃありません!断じてそうではありません(証拠はない)





そもそも、元々は犬吠埼まで行って日の出を見るライドの予定でした

(横浜スタートで三浦半島東縁を久里浜まで走り、フェリーに金山まで乗ってから房総半島の縁をぐるっと回って犬吠埼まで走る)

しかし、直前になって天候不順(いつもの)に。

私は「中止かー明日何しよ」と気持ちを切り替えていたのですが、何やら不穏なLINEが。

実は22日(つまりライド当日)より渋峠が開通していました。

そこでSは神がかり的な提案をします。

これは実際のトークです。
S__48685060.jpg
S__48685061.jpg

いや何言ってんの、バカでしょ(褒め言葉)


というわけで、22時に新座のコンビニ集合となりました。


R204・R407・R17を使って新座(PC0)→熊谷(PC1)→前橋(PC2)→東吾妻(PC3)→草津(PC4)→渋峠→毛無峠→高崎というルート。

そのあとは高崎まで走って輪行or東京まで自走と考えていました。





22:15にコンビニを出発して順調に進み、PC1では予定に対して1時間以上のマージンがありました。




一同「8:00の開場の時にゲート着いて、おっちゃんに挨拶したいなwww」

一同「帰りは荒川CR走って東京20時着でしょwww」

IMG_0226.JPG
まだ元気なS。なぜかサドルバッグをさすっています。

皆さんもうお分かりですよね...?? ここまでは良かったんです。ここまでは。しかし幸せとは永遠には続かないもの。儚いですね。


その調子のままR17のバイパスを進む一行でしたが、ここで7期S(FUJI)が謎のイキリを発揮。

道もよく信号にも引っかからなかったこともあり、寝不足の中30km/h弱で1時間近く牽いてくれました。

K(MERIDA)と私は着いてくだけでヘロヘロで、この時ばかりは血の味がしました。

その後先頭交代したのですが、S(FUJI)からの圧力で私も25km/h以上で牽くことに...


K「先輩たちバカですよね?絶対後悔するのになんでこんなことするんですか???」
うーん、正論すぎてセイロンティー100年分プレゼントしたい。


信号はパラダイス。ユートピア。シャングリラ。


結局PC2に着いた時点で1時間半以上のマージンがありましたが、50分近く休憩を取ってしまい本末転倒な結果に。

いや、ほんとバカ。
大学生にもなって後のことを考えられない我々でした...


もちろんその後はペースがた落ち...

次のPC3まで標高差500m,28kmのゆるゆる登りだったのですが、「シルクロードか?」ってくらい長く感じました。

なんとかPC3に着いた我々でしたがやはり疲労困憊。

と、ここでハプニング発生。

K(MERIDA)が謎の胃のムカムカを発症して1時間ほど休憩をとりました。

正直このタイミングでDNFも考えていましたが、元ドラッグストア店員()の私の処方もあってKは回復しました!


PCでの夜明け。エモい。

幸いマージンも残っていたため、「さぁ、渋峠に向けて再出発!」と再スタートを切った一行でしたが....



皆さん、もうお分かりですよね...??


S「パワー出ねえわ、ハンガーノック手前」

私「ほれ、補給食あげるよ」

S「俺チョコ無理」

私「そっかぁ...」



てな訳で新たに10km先のコンビニをPC5にすることに。

そこまでは軽いアップダウンの道のりで、15km/hほどで耐え凌ぎます。

この辺はみんな精神的にきつくて写真がほとんどありません。

唯一ある写真はこれだけ

IMG_4354.JPG
私「ギアナ高地wwギアナ高地ww」


PC5でしっかり食べて草津までの上りに備えます。



ただ、上りが結構きつい。

平均7%ほどの上りが8kmほど続きます。

すでに200km近く走ってる我々にはもはやラルプ・デュエズ。

30分以上かけてなんとか上り切った先に待っていたのは...!!


草津温泉!!!!



と、いきたいところですが時間がないため先を急ぎます。



ここで恒例の詐欺事件があったわけですよ。

S(FUJI)「草津から渋峠まではパレードランだから余裕ww」

K・私「じゃあもう実質終わりじゃん!!!」


はい、嘘ーーーーーーーー!!!


知っていました、ええ、知っていましたとも。渋峠ですよ。”峠”ですよ。

脚がお終いの状態でここから20km,5%の上りです。

数字だけ見ると大したことないんですよ。ただ、なんか...もう...ね........


我々一同必死に登りました。歯食いしばって。

だらだら登っているうちに林を抜け、その先は!




はい
20180922-23 渋峠アタック_180930_0090.jpg
はい!
20180922-23 渋峠アタック_180930_0114.jpg
はい!
20180922-23 渋峠アタック_180930_0107.jpg
はい!!
20180922-23 渋峠アタック_180930_0094.jpg
はい!!!
はい!!!!
はい!!!!!!

はーーーーーい!!!!!

そこには東京では到底見られない光景が。
ここまで開けた景色は初めて、泣いちゃいました(辛くて)
東京の鬱蒼とした峠に飽きた方、オススメです。



景色は素晴らしかったですが、実はSとKはまたハンガーノック気味だったらしいです。

下で買ったおにぎりを2人で分けて無事登り切ったとさ。


S__1294350.jpg
パシャり。いい写ですね。

最高地点に渋峠ホテルがあると思ったら違うんですね。

400mほど下った先にありました。

この時点で自走で帰るどころか高崎まで戻る気力もなかったので、最寄りの駅から輪行することに。

時間もなかったので1時間弱ほど休憩して渋峠ホテルを後にしました。


IMG_0222.JPG
ビーフカレー。スキーの時と同じ味がしました。


IMG_0223.JPG
草津から持ってきたポテトチップス。パンパン。


あとは30kmほど下るだけ。

持ってきたウィンドブレーカーを羽織り、さあ出発!

帰りも素晴らしい景色を堪能できるかと思いましたが...
IMG_3453.jpg
これが言いたかったので渋峠きました。

写真のように"一寸先は霧"だったので、安全に気をつけつつ無事下山!

草津の湯畑にも少し寄りました。


最寄り駅に着いてから輪行準備を急いでやり、夢を見ながら湘南新宿ラインで帰ったとさ...




こんな感じに、アホみたいな企画でしたがなんだかんだ楽しかったと思います。

もう1度走りたいかって言われたら、答えはもちろんNOです。

でもこういう企画もありですね。定期的にアホなチャレンジングな走行会も開催したいと思います。





実はこの数時間後、国道最高地点には別のNogleisジャージがはためいていました.....

その話はまた今度。





追記:このライドに感化された有志メンバー数人が走行会を企画していました。が、、、、


お終い。
posted by Nogleis at 23:20| Comment(0) | 走行会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする